shiroの韓国在住日記

慶尚北道に在住の日本人です。フリーランスの韓日翻訳家として活動しています。

【韓国生活】韓国版ハローワークに行ってみた

こんにちは!shiroです。

今私は、フリーランスで韓国語→日本語翻訳の仕事をしています。フリーランスとして働き始めてから数ヶ月。それまでは韓国企業に勤めていました。昨年春に会社を退職してから、はじめは再就職をしようと고용센터(雇用センター)に通っていたのでそのときの話をしたいと思います。

雇用センターは、日本で言う、いわゆるハローワークのような場所です。就職先の斡旋や、資格取得の指導・費用的補助などを受けることができます。

その中でも、私は취업성공페키지(就職成功パッケージ)というプログラムを受けていました。(私は自己都合の退職でしたが、会社都合の退職などの場合は別途失業手当などをもらいながら、再就職活動をすることになります。)

◇就職成功パッケージって何?◇

大まかに説明すると、3段階に分かれています。

<第一段階>

基本面談(3回)、適性検査、その他特別講義などがあり修了時、最大25万ウォンの支給を受けることができます。修了までは最短で1ヶ月ほどかかります。

<第二段階>

6ヶ月間、最大300万ウォンの支給を受けて、塾などに通い資格取得のための準備ができます。(受講期間、自己負担費は受ける講座によって変わります。)

<第三段階>

就職活動の間、30万ウォン×最大3ヶ月間の補助を受けることができます。 その後就職をした場合、3ヶ月、6ヶ月、1年勤務ごとに手当てを受け取ることができます。

※2019年度から、第三段階の手当て内容、金額などが変更になっているようです!お近くの雇用センターへ確認してください。

就職活動の際、よく知られている잡코리아,사람인の他、워크넷(worknet)というサイトを雇用センターでオススメされたので記載しておきます。

워크넷 : https://m.work.go.kr/main.do

 

二段階の、資格取得に関しては、私は医療通訳コーディネーターという資格のとれる塾に通うとしたのですが、講座の開催日程が合わず…すぐに三段階の就職活動へと移行しました。私の知り合いは、第二段階でフォトショップなどのPC関係の講座を聴講、資格を取得していました!

就職活動の間、一ヶ月に一度、活動報告書を提出し、手当てを受け取ることができます。結局私は期限いっぱい就職活動をしましたが、希望の職場を見つけることができず、フリーランスとして活動することを決めました!でも手当てがあったお陰で、自分への投資をする機会にもなり、このプログラムを受けてよかったと感じました。

基本的に、結婚移民者の方であれば誰でもこのプログラムを受けることができるので、将来的に就職を考えている方、それに向けて資格を取得したい方にはオススメです。

2018年度の情報のため、詳しい情報や最新情報は「お住まいの地域 고용센터」で検索をして、確認してみてください^^